相場初心者のためのアクア下取り価格参考表

アクア下取り前の注意事項

ディーラーだといくら?

トヨタアクア下取り相場価格どうなの

買取も下取りも年式の新しいものほど高く売れる!

実際に値段がいくらになるか、トヨタの公式データを見てみましょう。

アクア下取り相場一覧表
年式グレード下取り価格
2016年式
平成28年式
Gs約160万円
2015年式
平成27年式
X約150万円
2014年式
平成26年式
G約140万円
2013年式
平成25年式
G約120万円
2013年式
平成25年式
Gs約150万円
2012年式
平成24年式
S約90万円
2011年式
平成23年式
L約70万円
※トヨタ公式下取りシミュレーションより
高額査定もっと詳しく

ディーラーの下取り相場はわかりました。では中古車買い取り店の見積もりはわかるのでしょうか?

有名買取店でもこのように参考価格が分かります。

上の表と中古車一括査定を比較すれば数分で売り先を決められます。

比較してみればどちらがお得かすぐにわかるでしょう。

中古車の年式と売値

売ろうか迷っていたら、いつの間にか大幅に価格が下がっていることがあります。

自動車は1kmも走行していなくとも劣化はしていきます。駐車場や空き地の放置されて、汚くなったクルマを見たことがありませんか?

タイヤやバッテリーなども放っておくと消耗していきます。

そして車検切れを迎えると下取りする時でも売値が下がるのです。

「新車買ったばかりだから5万キロくらいまで走ろうか」「10年以上乗り続けたい」

こんな風に考える人はマイカーを売るときには安くなってしまうのです。

 

買取価格が下がる理由
・走行距離
・年式
・人気の落ち込み
・相場の下落
高額査定もっと詳しく

アクア走行距離と買取価格の目安
走行距離買取価格平均寿命車検回数
20,000km約900,000円まだまだ約1回
40,000km約500,000円よれだす約1,2回
60,000km約250,000円買い替え時約2回
80,000km約200,000円よれよれ約2,3回
100,000km約150,000円買い替え時約3回

 

中古車ネット買取比較ランキング

 

トヨタアクア下取りがお得?

自動車ディーラーは「自動車を売るための販売店」です。

もちろん車検や保険に整備などサポートやサービスも充実しています。

ただ、ディーラーでのサービスは他より割高になりやすいのです。下取りする時でも中古相場から少し離れた価格になるでしょう。

アクアは2011年から生産されていて、中古車でも人気があります。

これがもし人気が急に落ちたりしたらさらに価格が下がってしまう!

下取りして新車に買い替えサイクルが早い人はこのことをよく理解しています。

しかしトヨタでそのまま買い替えしては買取価格アップは狙いにくいでしょう。

新車買うならだれでも値引きと車選びに集中します。

「他社の○もいいな~」
「50万円の値引き狙えそう?」
「ネッツ店よりはトヨタ店だよ」

こうしたことで、マイカーを高く売るということを忘れていきます。

中古車は高ければ100万円以上で売れます。

もっと比較することで10万円、20万円以上の差が付くでしょう。

値引きは買取が成立した後にじっくりと考えればいいのです。

◆自動車買取のメリット

  • 複数の会社から一度に見積もりできる
  • 価格比較ができるから手間いらず
  • 店舗は日本全国にある
  • ディーラーに負けずサービス充実

 

中古車ネット買取比較ランキング

日産、ホンダなどライバル車と比較するのは普通のことです。

中古車の売り先を決めるのも、新車選びと同じ。

ガリバーの本当の評判はどうなのか?CMでおなじみの店に一度は下見してみたくなりませんか?

アクア下取りするなら手間がかからないと思うことでしょう。しかし買取でも見積もりしてから売却成立まで早ければ1週間程度です。

自動車は固定資産扱いです。高級車に乗る人ならこれは財産と同じ意味なのです。売るときに投げやりだと損をするでしょう。

「買ったら壊れるまで乗る!」と意気込んでいても、やっぱり途中で心変わりすることもありますね。

新型発売すればちょっと乗ってみたい気になります。

高く売るなら早く売る!

これで新型買い替えもバッチリですよ。

瑕疵担保責任とは

中古車を売るとき、契約が成立しないこともあります。売りたい人には責任があるということです。瑕疵とはキズや故障のことです。中古車を下取りに出す時でも、この傷や故障具合によっては売却できないこともあるのです。

契約が成立した後に事故歴や修復箇所などが見つかることもあります。これは隠れた瑕疵と言います。売却金額を受け渡す前にキャンセルになることもあります。これを防ぐためには、事故歴や修復歴などをすべて知らせておくことです。ディーラーに下取りに出す時、買取業者に受け渡す時でも同じです。少しの事故やトラブルでも報告しておきましょう。

コメント

  1. 名無し より:

    下取りっていうとガリバーとかじゃないから安心感あると思う。だけど、ディーラーサービスは割高なのが普通なんだ。車検とか、自分でできるならもっと格安にできる。ディーラー任せておくと、料金面では厳しいということ。でも中古車屋がイヤだって人は多いと思うし、T-upとかメーカー系列も探してみるといい。

  2. 匿名 より:

    買取業者も良いところはあると思います。

    昔は評判悪かったところでも、最近はすごくていねいで紳士的になりましたね。

    中古車の買取業でも接客なんだからお客を大事にしてほしい。

    有名店だと最近はすごくよくなったと思います。

    下取りだと、ほかのディーラーに持ち込むのはちょっと気が引けますから。

    同じメーカーで乗り換えるならいいですけど、他社でも良い車ありますからね。

    他社乗り換えは普通にありますが、下取りでもそうですね。

    ディーラーさんでも乗り換えは猛プッシュですから。