中高年限定!アクア自動車保険安くするポイント

NHP-10損保安くする比較

事故を起こすのは若い人がほとんど。今の自動車保険料は等級制度ができて、不公平感が少なくなりました。

それでも支払額に疑問を持ったことはないでしょうか。

アクアは人気で台数こそ多いですが、スポーツカーのような事故は少ないのです。

 

「安全運転のゴールド免許だからもっと安く」
「今まで変えたことがないから他社はわからない」
「自動車保険はディーラーで加入したまま」

 

こんなタイプの人はびっくりするほど金額が安くなる!

30代以上が安い理由

アクア自動車保険格安

 

自由化があって、損保会社も独自の商品や料金設定をするようになりました。

無事故無違反を続けていれば安くなるというのは常識としましょう。等級も下がっていくのでダブルでお得ですね。

どの損保会社でも危険で保険金の支払いが増えそうな顧客はイヤなのです。30代以下は事故を起こしやすいので支払額も高くなります。

反対に40代50代くらいまでは一番安くて、他社に乗り換えたりするともっと格安にできるのです。

60代以上になってくると料金も上がってきます。紅葉マークのドライバーは高くなるのです。シルバー割引とかあったらいいですね(笑)

トヨタアクアのオーナー年齢層も40代以上が多いと言います。車種ごとの料金設定でも高齢で事故が少ないクルマは格安になります。

 

↓無料比較でまるわかり↓
自動車保険一括見積もり

比較するメリット

実は保険業界は値上げをしたのです。

気付かなかった人なら、今の自分の料金が高いのか安いのか調べてみるべきです。

中高年ドライバーはもっと安くできるでしょう。

 

◆自動車保険を選ぶポイント

  • 通販型か代理店型か
  • 特約の付加
  • 割引の活用
  • 損保会社の知名度信頼性
  • ロードサービスの範囲
  • サポート体制
  • 保険商品比較

 

分かりますか?分からなければ一括見積もりで比較してみればすぐにわかります。

契約の見直しというと大変な作業です。保険の外交員と相談して決めるか、代理店で比較するか、インターネットで加入するかがあります。

 

◆アクア保険料相場
3万円~20万円以上

 

よく言われることで、車両保険で金額が倍増してしまいます!

年間保険料は契約更新時に見直すべきです。家族構成の変化、子供や親の事情ってありますね。この時がベストタイミング!

新車で買ったなら車両保険を付けたいところですが、中古車で買ったり古くなってきたなら外しておくと割安になります。免責を高くするのもおすすめです。

↓迷った人におすすめ↓
自動車保険一括見積もり

格安ダイレクト損保

チューリッヒ、ソニー損保、アクサダイレクト。

名前を聞いて、CMのきれいな女性を思い出した人はよく考え直してみましょう。

ダイレクトは代理店を通さずネット契約します。契約内容も自分で決めるのです。

どれを選ぶといいのか?
約款って難しいですよね。

通販タイプで安くなるって本当かよと思います。

ダイレクト型に入る人は「必要最低限の補償」を重視しています。

ロードサービスもそうでしょう。貯金がたんまりあるので、賠償金支払いでも自費で払えるのかもしれません。それだけお金があるならアクアには乗らないでしょうけど。

反対に貯金のない人なら、もしもの時に備えて必要な補償を付けなくてはいけません。

「激安だから入っちゃおう!」

こうして不払いになる人もいるといいます。

代理店契約損保

自動車保険は複雑化してきて、各社ごとに独自商品を出してきています。

これ、誰かに説明してほしいですよね?

できれば美人で話の分かる人で同年代くらい。

しかし、契約というからには契約書を理解しなくてはなりません。クレジットカードや賃貸、マンション購入にしても契約書や約款があるはずです。ゴミ箱にポイ捨てしがちですが、とっても重要なことが書かれています。

代理店で自動車保険を選ぶともちろん詳しい説明があります。

その代わりに料金は割高になるのです。

一括見積もりでも代理店型の損保会社を比較できますが、最安値の通販型と比べるとやっぱり高くなります。

お店によっては知識不足で契約だけを迫ってくるところもあるので、おまかせできるとは限らないのです。

できれば自分の知識を身につけて、アクアを安全にドライブしたいものです。

ヨタのクレジット一体型保険

新車をディーラーで買うとき、一緒に保険加入をすすめられます。これはトヨタの独自の契約です。東京海上やチューリッヒという損保会社とは違います。

「トヨタのクレジット一体型保険」は、おクルマ*をトヨタファイナンスのクレジットで購入されるお客さまにおすすめする、“トヨタの販売店で入れる”自動車保険です。
通常1年の保険契約を自動車のクレジットにあわせて長期化し、毎月の保険料の払込額を一定にしました。クレジットも自動車保険も定額でラクラク、契約期間中は毎年の保険更新手続きが不要となり、とても便利です。
トヨタファイナンス

比較してみてメリットがあるののでしょうか。基本的に、トヨタファイナンスは購入時に加入するものです。すでにマイカーを持っている方、中古車を購入した方は入りづらいものになります。アクア(NHP-10)と他車では違いも出るでしょう。

最近のそんぽの契約は書面だけのところもあります。乗り換えが簡単なので、他社比較がしやすいでしょう。

コメント

  1. 山形のイチロー より:

    料金の平均は5~7万円くらいらしいですよ。年間15万円っていうと本人限定など付けない人なんでしょうね。そういう人は子供も奥さんもハンドル握るから仕方ないってことですよ。安くするっていうと「オレしか乗らない一匹狼仕様」にするしかないですよね?ファミリーにとってはムリですし、外資系が格安って言ってもやはり国内会社がいいですよ。

  2. 匿名 より:

    テレマティクス入れてます。安いだけじゃダメ。事故は自分の責任で起きるんじゃない。バカがバカするからもらい事故する。無保険のDQNにオカマなんてよくあるよ。だから証拠が必要だし、過失割合だって重要なポイントなんだよ。

  3. 名無し より:

    チューリッヒって安いわ。代理店で説明聞くのも面倒だし、申し込みだけで終わるっていいね。ダイレクトがダメという人はやっぱり信用してないってことでしょ。示談はもちろん、内容説明も受けたいし、意味わからん日本語言う人がイヤだってことだね。日本人サポートスタッフがいても外資系が不安っていうのはそういうこと。でもメガ損保も違うな~というのは地元民のローカル性だと思うね。

  4. hustler より:

    搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険が重要ということは皆さんお分かりだと思います。等級やゴールド免許は自分で決められませんから、搭乗者の限定を徹底するなどが求められてきます。格安の通販型でもご契約内容しだいではお客様にメリットが出ません。顧客を第一に考えているとしても、破産するようでは会社として失格。ご契約者様にとっての最良のそんぽは比較してみることで決まるでしょう。トヨタのアクアにご搭乗なら相場も割安と聞いていますし、ご検討ください。